結婚式の思い出に、枯れない「プリザーブドフラワー」

プリザーブドフラワーとは、生花を特殊な薬品で枯れないように処理を施した花のことです。


ドライフラワーとは違い、生花の瑞々しさそのままに、長期間花の美しさを楽しめるのが特徴です。

特におすすめなシーンはウェディングで、最近ではプリザーブドフラワーのブーケを使う花嫁も増えてきています。

ブーケにプリザーブドフラワーを使うメリットは、まず生花に比べて格段に軽いことが挙げられます。

Girls Channelの情報を掲載しませんか。

生花を使うと大振りなブーケではどうしても重くなってしまい、花嫁の腕に負担がかかってしまいますが、プリザーブドフラワーはとても軽いのでその心配がありません。


花粉を除去してあるのでドレスを汚す心配もないし、花粉症の人でも安心して使うことが出来るのが嬉しいポイント。
また一度色を抜いてから着色をされているので、生花にはない美しい色彩があるというのも特徴の一つです。

珍しい「青いバラ」などもあり、人とは違った個性的なデザインを楽しむこともできるでしょう。



そして何日も前から用意しておくことが可能なので、自分でブーケを手作りしたいという人にもおすすめです。
式が終わった後もケースなどに入れてきれいに飾れば、思い出を長期間楽しむことができます。

価格は比較的高めですが、数日しか美しさを保てない生花とは違い、保存状態が良ければ数年間美しさを保つのがプリザーブドフラワーです。

湿気や直射日光を避け、ほこりなどの汚れから守るなどの点を気を付けましょう。



Copyright (C) 2016 結婚式の思い出に、枯れない「プリザーブドフラワー」 All Rights Reserved.