プリザーブドフラワーとその特徴

プリザーブドフラワーは生花を特殊な方法で加工して、生花の瑞々しさや柔らかさ、色合いなどをそのままに長期間保存して楽しむことができる花のことを言います。
プリザーブドフラワーには生花と同じように様々な種類の花がありますが、それだけではなくアレンジを加えて生花よりもいっそう色々な種類の花にすることができるのも大きな特徴です。

NAVERまとめの詳細情報となります。

そのため作る人の好きなように自由に花を楽しむことができますし、世界に一つだけのオリジナルなフラワーアレンジを楽しむこともできます。
プリザーブドフラワーは生花とは異なり、水やりや水替えと言ったようなお世話をする必要がなく香りや花粉もないので、生花を楽しむことができない入院中の人や、花粉症の人、香りが苦手な人などにも楽しむことができる花で、お見舞いや贈り物としても人気があります。



また長期間保存しておくことができるため結婚式のブーケなどにも用いられることも多くなっています。
プリザーブドフラワーはそのまま飾っても生花よりも長く楽しむことができますが、直射日光やエアコンなどの風が当たらないような場所に飾るようにしたり、ガラスケースなどのケースに入れて飾るようにすることで色あせなどの劣化を防ぐことができ、より長い期間花の美しさを楽しむことができます。また湿気も劣化を招いてしまうため、ガラスケースなどに入れておく場合などには一緒にシリカゲルなどの除湿剤を入れておくようにすると良いです。



Copyright (C) 2016 プリザーブドフラワーとその特徴 All Rights Reserved.