プリザーブドフラワーの魅力について

プリザーブドフラワーとは、特殊な技術によって、生花のみずみずしい姿を長くとどめておける方法です。

ドライフラワーとの違いは、花や草木を乾燥させるのではなく、特殊な液体を吸わせて作ります。ドライフラワーは、飾っておくと、時間とともに色あせて壊れやすくなります。
それに対してプリザーブドフラワーは、グリセリン系の保存液が入っているので、柔らかな質感がいつまでも保てるわけです。

また、カラフルな染色液を使うことで、好みの色にアレンジすることも可能で、自然界には存在しない色合いも楽しむことができます。加えて、水やりの必要がないので、手間をかけること無く美しい状態を楽しめ、自宅のインテリアとしても飾っておけます。



さらに、贈り物としても適しており、アクリルのケースなどに入れておくと、高級な贈答品にもなると言えます。

プリザーブドフラワーの歴史としては、1991年にフランスのヴェルモント社が初めて特許認定を受けたことが最初です。

NAVERまとめに有効な情報の紹介です。

西欧では昔から花が生活に密着しており、美しい姿を長く保てるプリザーブドフラワーは瞬く間に、ヨーロッパ全土に広まったわけです。

そして、それが日本にも伝わり、現在ではギフト用のアレンジメントやウェディングブーケ等にも、幅広く利用されるようになりました。保存状態が良ければ、1年以上もみずみずしい姿を楽しむことができるので、プラスチックやアクリルのケースなどに入れておくことがオススメです。


花を色とりどりにアレンジすることができますが、グリーンにも多くの種類があるので、観葉植物でも長く艷やかな緑を保つことが出来るわけです。



Copyright (C) 2016 プリザーブドフラワーの魅力について All Rights Reserved.